サーバーの引っ越し

本日よりサーバーの引っ越し

SSL対応がどうのこうのと言う話題もあり、これを機にドメインも新たに取得し、Xserver に乗り換えることに。

簡単に書きますと、SSL(Secure Sockets Layer)とは暗号化というもので、お客様とサーバー間で盗聴を防ぎ、安全に通信できる環境にするものです。

詳しくはGMOさんのわかりやすい説明へ・・・

Google先生からの評価も上がると聞き、以前から気になっていたのですが、SSL化するのに追加料金も取られるなど少しハードルが高かったです。(まぁ個人レベルなんであまり考えていなかったといえばうそになるが・・・)

Xserver は無料独自SSLがで追加できるといったことで人気が一気にでた。

しかしここにきて、格安レンタルサーバー 「ロリポップ」も無料独自SSLを追加できるようにしてきた。下記リンク

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

私個人的にはロリポップを長く使ってきたが、たまには他のサーバーも使ってみるのも勉強のためと思い、「Xsever」 にすることに。

ここで、ロリポップサーバーから、Xseverへデータベースを引っ越ししなければいけなくなく、WordPressの引っ越しはすごく面倒くさそうでした。

しかーし!簡単に引っ越しがプラグインでできてしまいました・・

詳細は

「WORDPRESSのお引っ越しプラグインはALL-IN-ONE WP MIGRATIONが最強」

参照してください。
こちらのサイトもSSLでした。下記のような感じでSSLかそうでないかわかります。

プラグインのおかげでサクッと引っ越し完了。
続いてSSLについて覚書をしておく。


SSLについて

SSLの詳しい説明は「SSL/TLS総合解説サイト」を参照。

ただ、ここで通常ホームページを見ているだけの人にとって、そのサイトがSSLなのか、じゃないのか。わからないと思うので、下記にまとめておきます。

ブラウザーの 「http://・・・・・」のアドレスを打つ部分ですが、ここで確認できます。

ネット通販などはここを見ておくといいでしょう。

SSLサイト例

SSLのサイト
GoogleChromeでみた SSLのサイト表示
IEでみたSSLサイト表示
IEでみたSSLサイト表示

SSLのサイトはちゃんと保護されたサイト、あるいは「鍵マーク」が出ます。


SSLのないサイト例

SSLじゃないサイト
GoogleChromeでみたSSLじゃないサイト表示
IEでみたSSLでないサイト表示
IEでみたSSLじゃないサイト表示

といった具合でサイトの通信を暗号化しているかいないかわかります。

後は 「https://」か「http://」sがついているかいないかで安全なサイトかどうかわかる。(sがついていたらSSL)

なぜSSLに注意すべきか

ネット通販など利用する際、通信を盗聴され、ID、パスワードが盗まれる可能性が出てくるのです。ネット通販で購入される際は、注意が必要かもしれません。

また、改ざんされる可能性もあるため、Google先生もSSLにはいい評価をしてくれるといったことも聞きます。

見てくれて、ランキング とか 「 ぽちっ 」 と していただけると励みになります。

わたくし、ほめて 伸びる タイプ でございます。
\_(・ω・`)ココ重要!

ぽちっとお願いします! ↓ (。-人-。)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ

↑ ぽちっとここまで!励みになります! ↑

ありがとうございました ♪ ( *・ω・)*_ _))ペコリン.

今後Google先生もSSLについて評価をしてくれるということで、「引っ越ししたかいがあった!」と言えるブログにはまだまだですが、基本「お酒」中心で発信しつつ、たまにまじめな話も盛り込みながら続けていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA