そら豆 を頂きます ♪ OTOKOMESHI

むいた そら豆

会社の先輩に頂いた そら豆 を炒めてみた ♪

そら豆 を先輩から沢山 をいただきました。

たくさん 頂きました ♪

たくさん 頂きました ♪

これ以上にあったのですが、ご近所にある BAR のマスターに お裾分けしました ♪
先輩には感謝ですね。
(。-人-。) 感謝

そら豆の旬の時期は?

そら豆の旬の時期って 4月~6月位なんですね 。
WEB :食生活研究所 より

初めて知りました。

産地も 九州の南、鹿児島から収穫されるそうです。

早いもので 1月から収穫され、徐々に収穫時期が北上し、旬と呼べる時期として 4月から6月 位が一番美味しい時期ということです。

いい時期にいただきました♪

どうやって食べるか

食べ方も色々ありますが、以下のような食べ方が一般的かと思います。

  • 生で食べる
  • 塩茹でして食べる
  • 焼いて食べる
  • 炒めて食べる

サヤのままじっくり焼くか、むいて炒めるか・・
迷いました。

私は今回、炒めて食べることとしました!

ということで むきます!

剥いてみると・・

むいたそら豆

むいたそら豆

フカフカの布団に挟まれた そら豆はキレイでウットリしますね。
こんな絨毯に転がりたいもんです w

焼くとこのフカフカから水分が出てきて 蒸し焼きのような感じになり 、 これもまた美味いです。

さて、炒めていきます

そら豆のペペロンチーノ風とします。

材料は

  • オリーブオイル
  • 鷹の爪
  • ちょっとにんにくチューブ

全て適量!
これぞ OTOKOMESHI !

そら豆をフライパンに投入!

薄皮を剥くこともしません。そのまま炒ります。

フライパンに投入!

フライパンに投入!

そして、一気に他も入れます。

オイル、鷹の爪、ニンニク 全て入れます!

オイル、鷹の爪、ニンニク 全て入れます!

オリーブオイルを温めながら 鷹の爪を入れると良いのですが、面倒くさかったので、全部一緒に炒めました。
(´∀`*))ァ’`,、

炒めると ほんのり 緑が 鮮やかになります。

色が綺麗になってきました ♪

色が綺麗になってきました ♪

ニンニクの香りがしっかりとしてきて、食欲が増してきます。

出来上がり ♪

ペペロンチーノ風そら豆 完成!

ペペロンチーノ風そら豆 完成!

食感も Good ! 
(๑•̀ㅂ•́)و✧

大きさもあるせいか、ホクホクで お芋のような食感です。

ビールがあいますね ♪
おいしーーー
(*´﹃`*)

あっという間に完食し、同じ先輩からもらった キンカン で カクテル を作ってみました。

キンカン カクテル

キンカンの甘露煮

自家製の 金柑の甘露煮

水ではなく、保存を効かせるため焼酎で煮込んでみました 。
贅沢に「 赤霧島 」を使用し作ったこの 金柑の甘露煮 は カクテルを作るために生まれたと言っても過言ではありません。
( ̄^ ̄)エッヘン

材料は

  • 金柑の甘露煮
  • ウォッカ
  • ソーダ
  • クラッシュアイス
    ( なければ普通の氷でよし )

甘露煮を6つほど刻み 、 甘露煮のシロップをプラスします 。
それをグラスの 1/5 ほど入れ、ウォッカを注ぎます。

甘露煮を入れます

甘露煮を入れます

そこにクラッシュアイスを入れ、シャクシャクと混ぜます。

シャクシャクと混ぜます

シャクシャクと混ぜます

ソーダを注ぎ、最後にキンカンを飾って出来上がり!

キンカンカクテル

キンカンカクテル

無農薬で育った自然のキンカン。

超絶美味いです!
(๑•̀ㅂ•́)و✧

オレンジより優しい柑橘系の香りがあり、甘さも絶妙・・
コアントローを足さずとも十分な風味です 。

最高のカクテルが出来ました。

先輩から頂いた 自然の恵みをふんだんに楽しんだ 、 良いおつまみと お酒でした !

ご馳走さまでした ♪

ブログトップ

見てくれて、ランキング とか 「 ぽちっ 」 と していただけると励みになります。

わたくし、ほめて 伸びる タイプ でございます。
\_(・ω・`)ココ重要!

2箇所 ぽちっとお願いします! ↓ (。-人-。)

日本全国食べ歩き人気ブログランキング
日本全国食べ歩き人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
九州食べ歩きブログ村

↑ ぽちっとここまで!励みになります! ↑

ありがとうございました ♪ ( *・ω・)*_ _))ペコリン.

むいた そら豆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA